太陽光の発電システム「太陽光発電・太陽熱発電」


太陽エネルギーの活用

太陽光発電システム

太陽熱発電システム

太陽電池の種類

発電機の概要

◆コンテンツ

太陽光発電

太陽熱発電

太陽電池の種類

発電機の概要

◆Bookmark

風力発電の仕組み

小型風力発電

家庭用 風力発電

風力発電所

風力発電機

火力発電の仕組み

火力発電 発電量

火力発電の燃料

火力発電所

火力発電の特徴

水力発電の仕組み

小型水力発電

マイクロ 水力発電

水力発電所

水力発電機

太陽光発電の仕組み

太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電の補助金

太陽光発電所

太陽光発電の売電システム

バイオ燃料

◆スポンサードリンク
◇太陽エネルギーの活用

 

・クリーンなエネルギー開発が研究・推進される中、「太陽光発電」は最も有望な発電方式と考えられています。

現時点で太陽力の利用方式として、「光・・そのものを利用して電気を生み出す方法(太陽光発電)」と「太陽熱を利用して電気を生み出す方法(太陽熱発電)」の2種類が存在しています。

 

ただ、まだまだ「太陽エネルギー」を理解・解明することができていない要素も多くあるでしょうし、すでに知られている「紫外線」や「電磁波」などの要素から、抽出する方法が発見される可能性もあるわけです。

そういう意味では、「太陽エネルギー」の中には、まだまだ多くの期待がもてる要素が眠っているのかもしれません。

 

*************

 

◇直接的に電気を生み出す

 

・「風力」や「火力」など他の発電の仕組みのほとんどが、「タービンを回すことによる動力的なもの」・・・「機械的な発電方法」となっています。そういう意味では、「エネルギー損失が大きい」ということがいえそうです。

それと比較して、太陽光発電は、「光から直接、電気を生み出す」というものですので、本来であれば、「EG損失の少ない」効率の良い方式となるはずです。

しかし、現在の方法は、他の自然エネルギーを活用したものと比較して、「発電効率が低い」仕組みとなっているのは、まだまだ新しい発想が不足しているからではないでしょうか。

逆に考えると、今後の「発展余地」がとても大きいと考えられそうです。おそらくは、現在の発電方法に捉われない、新しい仕組みを持った「太陽エネルギー発電」が研究・開発されていくのではないかと期待しています。

 


◆スポンサードリンク

 

太陽光発電システム

太陽光発電は、今後最も期待されているシステムの1つです。現時点で「デメリット」となっているのは、発電効率の低さ(太陽光のエネルギー変換率が低い)だけといってもいいのではないでしょうか。

太陽光発電システムの続きを見る

 

太陽熱発電システム

太陽熱発電は、現時点では日本の国土環境にはあまり適していない方式と考えられます。今後の開発研究が期待されています。

太陽熱発電システムの続きを見る

太陽電池の種類

太陽電池の概要を把握する上で、「分類」を考えることはとても大切な要素となります。ここでは、その種類分けとして、「素材による分類」と「活用方法による分類」について記載いたします。

太陽電池の種類の続きを見る

発電機の概要「ホンダの発電機など」

太陽光利用に係わらずに、ここでは一般生活用として個々で活用していくことができる「小型発電機」に関して概要・情報を記載してみたいと思います。

発電機の概要の続きを見る


 



太陽光発電

発電自然エネルギーの活用方法

・「太陽光発電」の仕組みや新技術に関する情報。太陽光を「どのような形で活用していくと良いか・・」といった、自然エネルギー活用に関して考えています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ソーラーパネル

ソーラーパネルの情報

・「ソーラーパネル」に関する各種情報。「ソーラーパネルの仕組み」「ソーラーパネルの補助金制度について」「中古のソーラーパネル情報」など


◆自然と共生する「人間社会」の構築が大切

・現在の「人類の生活」は、地球・自然から見ると、どのような位置づけとなっているのでしょうか。どちらかといえば、「寄生」している存在・・となっているのかもしれません。

「寄生」の場合、宿主に対して、「害を及ぼさない」ものもありますが・・「害を発生させてしまう」場合もあるものです。まさに、現在の我々人類は地球との関係で「寄生」となっていて、しかも・・害を及ぼしている存在となっているのかもしれません。

人は、「生活方法」を大きく見直さなければいけない時期になってきたのではないでしょうか。「寄生」ではなく、「共生」となるべく道へ・・・。「共生」とは、お互いにメリットを分かち合う関係です。互いに、相手のためになることを積極的に実行していくことが大切な要素となっています。

「共生」という概念は、人類にとって、別に新しいものではないでしょう。地球時間の中において、人が地球と「共生」していた時代というのも、存在していたのだと思います。

その時代を取り戻すためのまず第一歩が「エネルギー問題」なのかもしれません。

 

| 太陽光発電/発電自然エネルギーの活用方法 | ソーラーパネルの情報 | お問合せ ||

- copyright(c) 2009 太陽光の発電システム -