太陽光の発電システム


太陽光の発電システム

太陽光発電システム

太陽熱発電システム

太陽電池の種類

発電機の概要


太陽光発電(TOP) >> 太陽熱発電システム

 

発電機の概要「ホンダの発電機など」

・太陽光利用の発電に係わらずに、ここでは一般生活用として個々で活用していくことができる「小型発電機」に関して概要・情報を記載してみたいと思います。

 

 


◆スポンサードリンク

 

 

◆Bookmark

家庭用「発電機」
◆スポンサードリンク

◆小型発電機の用途

小型発電機を対象として考えていきたいと思います。発電機の活用場面を考えると大きく4つのシチュエーションに分類することができると思います。

1.住宅生活の電源

「住宅生活」の用途としては、「一般家電製品」「照明機器」「電子機器」「給湯機器」「冷暖房機器」「調理機器」がその要素として対象となってきます。

このシチュエーションにおいて重要視する発電機に求める要素としては、「安全性」と「無騒音」が最も大切な要素と考えられます。

そのような条件を考慮すると対象となる発電機としては、基本として自然エネルギーを活用する発電方式となり、「太陽光発電機」「風力発電機」が適切なものと考えられます。


2.遊び・レジャー時の電源

「遊び・レジャー」の用途としては、「生活要素」と「動力要素」の大きく2つの要素が存在しています。

「生活要素」としては「家電機器」「電子機器」「調理機器」などのことを意味しています。「動力要素」とは、モーター動力機器を動かすための電源として、大型の投光器などもこの要素に含めて考えています。

「生活要素」だけが対象となる場合には、「太陽光発電機」「風力発電機」の活用が可能となりますが、「動力要素」を加えた場合には、ガソリン・油資源を利用した「ガソリン型発電機」を活用することが適切となるのではないでしょうか。


3.仕事・業務用の電源

業務用としては、「屋台活動」「建設・土木工事」「屋外イベント活動」など多岐にわたったシチュエーションが存在しています。ただ基本的には、「動力電源」として大量の発電能力が必要となるため、「ガソリン型発電機」を活用することが適切となります。



4.防災時対応用の電源

地震災害などインフラ設備が使用不可能となった場合の緊急用の生活電源となります。

通常時の「生活電源」とは異なって、短時間ですばやく発電が可能であること及び、動力電源としても様々な用途に活用する必要性がてでくるため、「ガソリン型発電機」の活用が必要となります。




◆ガソリン型発電機の概要/ホンダの発電機

・ここでは「ガソリン型発電機」の概要を捕らえていくために「ホンダの発電機」を例として考えていきたいと思います。
発電機には、その機能タイプ(発電能力・特性など)によって大きく3つの分類があります。


1.正弦波インバータ搭載発電機

コンピューターや通信機器などの電子機器は、安定した電気(電圧・波形のバラツキが少ない電気)でないと正常に稼動しません。

ホンダでは、世界初の制御機構を開発することによって、安定的な電気を創出する発電機を制作したようです。

さらに分類としては、防音機能の有無によって、「防音方」と「開放型」の2種類が存在しています。



2.スタンダード発電機


利便性の高い発電機といった位置づけで開発された発電機です。

「利便性」を表す大切な要素としては、サイクロンコンバーター(周波数変換器)搭載機を充実させることにより、50Hzと60Hzの切り替えがスイッチひとつで簡単にできるということがあります。

これは手軽に持ち運んで、どこででも活用できるということになりますので大切な要素となっています。また、小型化及び軽量化を求めた発電機という特性があります。

こちらにも分類としては、防音機能の有無によって、「防音方」と「開放型」の2種類が存在しています。




3.三相発電機


工場や建設現場などコンプレッサー・ポンプなどに用いるための電源として活用できる発電機です。

大量の電気を効率よく送電できる「三相交流タイプ」の発電機となっています。

若干機能優先のため、やや大きめなサイズとなっているとともに、防音機能に関してもやや劣るものと認識しておきたい発電機となります。

 


- copyright(c) 2009 太陽光の発電システム -