太陽光の発電システム


太陽光の発電システム

太陽光発電システム

太陽熱発電システム

太陽電池の種類

発電機の概要


太陽光発電(TOP) >> 太陽熱発電システム

 

太陽光発電システム

・太陽光発電は、今後最も期待されている発電システムの1つです。現時点で「デメリット」となっているのは、発電効率の低さ(太陽光のエネルギー変換率が低い)だけといってもいいのではないでしょうか。

発電システム自体の初期コストに関しては、システムの普及に伴って、十分コスト低減がはかれていくと考えられます。

ここでは、太陽光発電システムの「メリット」について簡単に、記しておきたいと思います。

↓↓

太陽光発電の長所と短所


◆スポンサードリンク

 

◆Bookmark

太陽光発電
ソーラーパネルの情報
◆スポンサードリンク

◆太陽光発電のメリット

1)高い安全性
・「燃焼」を伴わないため、発電時に「二酸化炭素・硫黄酸化物・窒素酸化物」などの大気汚染物質が発生しません。また同時に爆発・不完全燃焼などの不慮の事故もなく、安全性に富んだ発電システムとなっています。

2)枯渇しないエネルギー源
・基本的に「太陽光」を活用しているため、その資源は枯渇しない資源となります。


3)設置場所を択ばない
・太陽光発電システムは、一般家庭用としても大規模発電用としても活用がてきるシステムです。設置場所も、建物の屋根に限らず、広さや場所にあわせて様々な形で活用できます。自由度の高いシステムといえそうです。「騒音」や「排出物」がないことも、設置場所の自由度が高まる要素となっています。


4)高い耐用年数
・太陽光発電のシステムが構造的にとてもシンプルな仕組みとなっているため、メンテナンスが容易にできる内容となっています。太陽電池自体の耐用年数は設置環境にもよりますが、20年以上といわけています。

 


 

 

◆太陽光発電のデメリット

1)発電の不安定性
・なんといっても、「天候」に大きく左右されることになるため「晴天率」が課題となります。基本的に「雨空」などで太陽光が無いときには、発電ができません。

地域や季節によっては、数週間も陽射しがでない・・そんなことも十分想定しておかなければならないのです。

 

)電気特性上の不安定さ
・通常活用される「電気」は、交流電気です。交流電気は、「波の性質」をもった電気の流れであり、特性を有しています。

現在の太陽光発電で創出される電気は、この「電気の波」が不安定なものも多く存在しています。これは資源となる太陽光の強さや量が一定ではないことにも関係しています。

安定的な「電気」を生み出せる太陽電池も開発されていますので、今後の研究・開発でいかに「安定性」が確保できるかは大きな課題となりそうです。

 


- copyright(c) 2009 太陽光の発電システム -