太陽光の発電システム


太陽光の発電システム

太陽光発電システム

太陽熱発電システム

太陽電池の種類

発電機の概要

太陽光発電(TOP) >> 太陽熱発電システム


◆スポンサードリンク

 

太陽熱発電システム

・太陽熱発電は、現時点では日本の国土環境にはあまり適していない発電方式と考えられます。今後の開発研究が期待されています。

 


◆スポンサードリンク

 

◆Bookmark

太陽熱活用の情報
◆スポンサードリンク

◆太陽熱発電の概要「メリット・デメリット」

・太陽熱発電は、太陽から伝達されてくる「熱エネルギー」を活用して発電する仕組みです。

発電の仕組みそのものは、「火力発電」と同様のものであり、≪熱≫によって、「水」を蒸発させることで蒸気タービンを回して発電するというものです。

発電システムの概要を「特性」「メリット」「デメリット」に分けて記すると下記のような要素が存在しています。

【特性】
・効率的な発電をするためには、日照時間の長い土地が必要。

【メリット】

・「燃焼」を伴わないため、有毒ガスなどの発生リスクがないことに加えて、燃料などのコスト上昇によるリスクが無い。

・太陽光発電の場合は日中だけしか発電ができないが、太陽熱発電の場合は日中に蓄積した「熱」を利用して24時間の発電が可能。


【デメリット】
・効率性を考えると、大型の設備が必要となるとともに十分な熱量確保のため広大な「受光面積」が必要となる。ゆえに、大規模な面積の土地が必要。

・導入時の設備コストがかなり高価なものとなる。




◆大量電力発電システム

・通常電力として活用するための発電システムは「集光型太陽熱発電」と呼ばれ、以下の3つの方式が存在しています。

1)タワー式太陽熱発電


・「中央タワー方式」「集中方式」とも呼ばれる発電方式で、中央部にタワー形状で設置された集光部に太陽光を集約することににより「熱」を生み出し、その熱にて発電するシステム。


タワー式太陽熱発電



2)トラフ式太陽熱発電


・「パラボリック・トラフ方式」「分散方式」とも呼ばれる発電方式で、局面鏡と鏡の前に設置したパイプとの組み合わせとなっています。パイプの中には液体(オイルなど)が流れていて、その液体が加熱されることで熱を蓄積・運搬して発電にいかす仕組み。

3)ディッシュ式太陽熱発電


・パラボラアンテナと同じ仕組みを持った、放物曲面上の鏡を活用して光を集約して、熱を生み、発電する方式。

 

 


- copyright(c) 2009 太陽光の発電システム -